• 大工がカンボジアからの技能実習生を受け入れる長所

    • 大工がカンボジアからの技能実習生を受け入れると、新聞に名前が載り仕事が急増、仕事を少しずつ教えてもらえるなどの長所があります。
      大工がカンボジアから技能実習生を迎えた話は、見物客により地域に広がっていき、やがて知らない人がいない状態になります。

      そして、テレビの取材の依頼も舞い込み、新聞社からの取材もやってきます。一躍大人気になったことから、大工への仕事の依頼が急増するため、親方は大喜びする結果につながります。



      ただ、現在の社員の人数では仕事をこなすのは難しいため、短期アルバイトを何人も雇うことになります。

      親方にとっては嬉しい悲鳴の状態は、技能実習生がカンボジアへ帰るまで続きます。
      技能実習生が大工として働き始めると、最初は技術がないので、主に雑用がメインになります。
      仕事は木を包装していた紙を取る作業、セメント作りの際のこね回す仕事、同僚達の飲食物の購入などです。

      外国人技能実習生のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

      時間が経過していくと、木の切り方や基礎の作り方を教えてくれます。ただ、高い所へ木を運ぶ作業は、万が一のことがあると危険なため、任されない可能性が高いです。カンボジアへ帰る時の直前に、大工の同僚達がお別れパーティーを開いてくれます。
      結構長い時間が過ぎたため、技能実習生は簡単な日本語なら理解できるようになっています。
      一緒に何かを飲み食いした後、大工の同僚達はそれぞれ一言ずつ別れの言葉を述べていくので、泣いてその話を聞くはずです。



      そして故郷へ帰ると、大工として学んだ技術がカンボジアへと伝わっていきます。

  • いまどきの社会

    • 将来を見据えたカンボジアからの技能実習生

      この日本では、人口が徐々に減っている関係もあり、今後人材の採用が難しくなると言われています。特に若い世代の人材が不足すると予測されており、新卒採用や第2新卒での採用が将来的に困難となるかもしれません。...

  • サポート情報

    • カンボジアの技能実習生について

      近年、カンボジアの技能実習生に注目が集まっています。技能実習生といえばかつては中国がメインでしたが、最近では国内での発展が目覚ましい中若者の実習生としての意識や関心が薄れてきており、質が落ちてきているとの指摘があります。...

  • 社会の常識・社会入門

    • 技能実習生なら、カンボジア人をおすすめします

      カンボジアは生活レベルは日本に比べればまだまだ低いですが、他の東南アジア諸国と比べて治安が良く、熱心な仏教徒であるお国柄もあってそのライフスタイルは日本にも通じるところがあります。治安が良くしかも勉強や仕事にとても熱心な国民性で、技能実習生として外国人の受け入れを考えている企業にとってはぜひおすすめの国です。...

    • カンボジアの技能実習生の特徴

      カンボジアは東南アジアに位置する発展途上国の1つです。冷戦時代のベトナム戦争に巻き込まれ、ポル・ポトという独裁者によって、一時は壊滅的なダメージを受けました。...